MINDのアウトソーシングサービスでは、アプリケーション開発、メンテナンス&サポート及び導入を行っております。日本を始めとする全世界に効率的かつ効果的なアウトソーシングサービスを提供することで、お客様のITコストを削減し、お客様とのWin-Win関係の構築を目指します。

アウトソースモデル

ビジネスモデル

MINDのアウトソースサービスでは、オフショアリングを最大限に利用することによって最大の利益を得ることができます。オフショアリングを行うことで、コスト削減が可能となり、インドとの時差を有効活用した効果的作業が実現できます。更に、お客様のプロジェクトのリソースの増減に合わせ、フレキシブルな体制作りも可能です.

アウトソースに先立ち、先ず始めにアウトソースを行うプロジェクト、プロセスを洗い出すことが重要になってきます。例えば、プロジェクトの要件定義、設計、導入後サポート等はオンサイトで(例えば日本)、詳細設計、プログラミング、単体テスト等はオフショア(例えばインド)でといったビジネスモデルを考慮する必要があります。




ステップ・バイ・ステップのアウトソーシングプラン

海外でアウトソーシングを行う際、「本当にこのベンダーで大丈夫だろうか?」という不安がつきまとうものです。
弊社のアウトソーシングサービスでは、まず最初にお客様にパイロットプロジェクトでMINDの実力をお試し頂き、ご満足頂けた場合、サポートプロジェクトで開発の一部等小規模なプロジェクトをアウトソース頂けます。サポートプロジェクトに成功した場合、次のステップとして大規模プロジェクトをアウトソース頂けます。このようにしてお客様との信頼関係を少しずつ積み上げていきながら、最終段階としてお客様の専用開発センター等の設立につなげれば幸いです。




チーム体制
アウトソーシングでは、お客様のITチームが非常に重要な役割を果たします。業務知識/情報提供の窓口、またエンドユーザ様との橋渡しとなります。
また、MIND側のオンサイトチームの窓口は、バイリンガルエンジニアを始めとする、日本との業務経験が長いスタッフをアサインし、お客様とのスムーズなやり取り、且つオフショアチームへの的確な情報展開に努めます。
また、お客様のご希望により、通訳・翻訳担当者を配置し、日本語によるサポートを行います。


チーム体制例


成功事例
日本の某IT会社は、MINDへの業務委託を始める前に、小規模な開発案件でパイロットプロジェクトを行いました。評価の結果、MINDの品質が認められ、システムのテスティングプロジェクトが始まりました。その後、大規模プロジェクトの開発案件が複数発注されました。プロジェクトの着手に先立ち、MINDチームがオンサイト派遣され、業務知識の習得、コミュニケーションの円滑化を図りました。これらプロジェクトを成功裏に収め、現在では専用チームの設立に至っています。